• 写在恐怖的本命年真正到来之前......

    2007-02-15
    早上出门的时候已经感觉到了马路上人烟稀少,迎着冷飕飕的风走在上班的路上说不清心里是什么感觉,没有辛酸那么严重,也不是无奈,好像只是夹杂了一点点感慨的坦然… …

    第一个没有寒假的冬天,稍微有一点点不适应。夏天的时候还完全沉浸在新环境下的兴奋心情里,有没有暑假完全没有感觉到,而在现在这个对于工作已经开始产生倦怠情绪的时候,寒假仿佛是我想要的那颗长在树顶可望而不可及的苹果,我也只能看着一群群马路上游荡的孩子们感慨… …

    还有2天,第二个本命年正式到来,我已经没得抵抗,没得推辞,该来的总是要来的,我只能承认我真的是24岁了… …

    接下来的几十年的人生不知道是不是就如同现在这样,每天两点一线,比上学的时候还要平淡。我一直说我的生活可以平凡但拒绝平淡,可是现在我已经陷入了平淡的泥沼里无计可施… …

    我走走看看,我说说想想,我的生活走一步算一步… …
    分享到:

    历史上的今天:


    评论

  • 今日もかなり忙しいので、短く唐辛子についての事を簡単に紹介させていただけます。 中華料理の中でも、豊富な食事用材料と複雑な味で知られる四川料理に欠かすことのできないのが唐辛子あるよ。代表的な四川料理の「麻婆豆腐」と「火鍋」などでも、様々な調味料や香辛料とともに、唐辛子が一番重要な物あるよ。唐辛子の一番辛くて有名な一種は「朝天辣」で、四川産の赤くて丸っこい唐辛子あるよ。激辛なのになんとなく甘い香がして、四川料理の基本の味あるよ。 朝天辣を食べるのは、私にとって、も我慢しにくいあるよ。もしかしたら、一枚だけを食べて、原さんは死にたいほど我慢できなくて、思わず涙も出すかもしれないね。  子供の頃、父と母はいつも朝天辣を我慢して、好きになるように、俺に唐辛子を食べる事を励ましました。「唐辛子を練習して、意志が強くなって、苦しむ生活と惨めな境遇を遭う時、気軽に過ごせます」って、経典な論調でしょう。 朝点辣が実った場合は、母はしょっちゅう十キロかの朝天辣を買って、干しました。干す事に手伝った時、唐辛子の粉末を目に入れちゃった時の感覚が一生に本当に忘れられません。 でも、この忘れられない事件を経験した後、ますます朝天辣の好きになりつつありました、何で、私今も分かれません。もし毎日唐辛子を食べなければ、気持ちが悪くなります。今、大連に五年間ぐらい住んでいますから、唐辛子レベルが段々下手になりました。故郷に帰った時、朝天辣を食べて、顔が赤くなって、死ぬほどあざ笑われました。残念で、可哀そうで、惨めあるよね。以上あるよ。よろしくお願いいたします。